閉じる
閉じる
閉じる
  1. 新エネルギー計画株式会社が提案する新エネルギー計画とはどんなもの?
  2. 新エネルギー計画株式会社は太陽光発電などの新エネルギー計画を提案します…
  3. 新エネルギー計画株式会社は新エネルギー支援に積極的。太陽光なら新エネル…
  4. 新エネルギー計画の次世代型太陽光発電システムを提案する新エネルギー計画…
  5. 新エネルギー計画の有効活用するには新エネルギー計画株式会社が大切
  6. 新エネルギー計画株式会社では新エネルギー計画を推し進めています
  7. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画を有効活用するために
  8. 新エネルギー計画株式会社による新エネルギー計画の3つのお約束
  9. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画を活用するメリット
  10. 新エネルギー計画が進む中での新エネルギー計画株式会社の役割を考える
閉じる

新エネルギー計画株式会社の新エネルギー・再生エネルギーブログ

新エネルギーの課題 太陽光発電2

新エネルギー(再生可能エネルギー)は、現在メインで使用している枯渇性資源由来のエネルギーとは違って永久になくならないエネルギーのことをいいます。
具体的には太陽光、風力、地熱、火力などの自然からエネルギーを作り出す手段です。
前回に引き続き、太陽光発電システムを導入するにあたっての問題点をご紹介します。

・農地は農業以外受け入れない傾向がある
日本には土地はあるけど畑でもなんでもない場所がたくさんあります。その空いている土地に太陽光発電システムを設ければ、と思っても農地法で太陽光発電システムの建設が認められないことがあります。農地法は農地と農業を守るための法律で、太陽光発電システムの設置場所が限られてしまいます。

・いつまで続くかわからない買取制度
電力の買取制度は将来的にどうなっていくか明確化されておりませんので、将来の見通しが立ちにくい状態です。

以前まではさらに太陽光発電の発電コストが大きいことが問題視されていました。しかし発電コストは現在値下がっており、今後も値下がっていく傾向です。ヨーロッパの見立てによると発電の条件にもよりますが、2020年頃には発電コストが低下し、火力発電と同程度にまで下がるのではと言われています。
火力発電は、少なくとも火を起こすためのガス代がかかります。その点太陽光は太陽さえ出ていれば降り注ぐエネルギーなので無料です。
火力発電と比べて燃料代がかからないので、太陽光発電で主にかかるコストはシステムの設置費用、土地代、メンテナンス費用でしょう。

関連記事

  1. 新エネルギー計画株式会社は新エネルギー支援に積極的。太陽光なら新…

  2. ゼロワン

    新エネルギー計画 太陽光発電のトータルプランナー

  3. 新エネルギー計画株式会社が推進している新エネルギー計画について

  4. 新エネルギー計画のことなら実績が豊富な新エネルギー計画株式会社

  5. 太陽光発電のことなら新エネルギー計画株式会社に任せて安心

  6. 新エネルギー計画 風力発電とは

ピックアップ記事

  1. 太陽光発電など、自然エネルギーを利用したシステムは2011年の大震災以降、特にその需要が伸びてきてい…
  2. 新エネルギー計画株式会社では、新エネルギー計画を皆様にご提案しています。例えば太陽光発電システムを自…
  3. 太陽光発電の普及率は、売電できる制度が整備されて以来増加傾向にあります。当然電気代が安くなるのでメリ…
  4. 次世代型太陽光発電システムはエネルギーを蓄えて、お得に使うことができるシステムです。自宅で発電できる…
  5. 太陽光発電は固定価格買取制度が始まってからかなり注目されていて、自然にも優しく関心を持っている人も多…
  6. 新エネルギー計画株式会社は、太陽光発電のトータルプランナーです。太陽光発電といえば「発電した電気を電…
  7. 固定価格買取制度が始まって以来、太陽光発電は注目を集めるようになっており、関心を持つ人もたいへんに増…
  8. 地球温暖化や化石燃焼の枯渇などの問題がより取り上げられるようになり、自然にやさしいエネルギー『再生可…
  9. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画を活用すると、どんなメリットがあるのでしょうか。今後ますま…
  10. 新エネルギー計画への取り組みは過去最高に注目されている事業です。導入によるコスト削減なども踏まえた長…

カテゴリー

ページ上部へ戻る