閉じる
閉じる
閉じる
  1. 新エネルギー計画株式会社が提案する新エネルギー計画が人気です
  2. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画がなかなか興味深い
  3. 新エネルギー計画株式会社による新エネルギー計画の普及活動と理念
  4. 新エネルギー計画を提案する新エネルギー計画株式会社を理解するには
  5. 新エネルギー計画で注目の太陽光発電なら新エネルギー計画株式会社に相談
  6. 新エネルギー計画を普及させる新エネルギー計画株式会社の提案を考える
  7. しっかりと考えておくべき新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画
  8. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画が大きな役割を果たす
  9. 古い慣習に頼らない新エネルギー計画を着実に進める新エネルギー計画株式会…
  10. 太陽光発電のことなら新エネルギー計画/新エネルギー計画株式会社
閉じる

新エネルギー計画株式会社の新エネルギー・再生エネルギーブログ

新エネルギーの課題 太陽光発電2

新エネルギー(再生可能エネルギー)は、現在メインで使用している枯渇性資源由来のエネルギーとは違って永久になくならないエネルギーのことをいいます。
具体的には太陽光、風力、地熱、火力などの自然からエネルギーを作り出す手段です。
前回に引き続き、太陽光発電システムを導入するにあたっての問題点をご紹介します。

・農地は農業以外受け入れない傾向がある
日本には土地はあるけど畑でもなんでもない場所がたくさんあります。その空いている土地に太陽光発電システムを設ければ、と思っても農地法で太陽光発電システムの建設が認められないことがあります。農地法は農地と農業を守るための法律で、太陽光発電システムの設置場所が限られてしまいます。

・いつまで続くかわからない買取制度
電力の買取制度は将来的にどうなっていくか明確化されておりませんので、将来の見通しが立ちにくい状態です。

以前まではさらに太陽光発電の発電コストが大きいことが問題視されていました。しかし発電コストは現在値下がっており、今後も値下がっていく傾向です。ヨーロッパの見立てによると発電の条件にもよりますが、2020年頃には発電コストが低下し、火力発電と同程度にまで下がるのではと言われています。
火力発電は、少なくとも火を起こすためのガス代がかかります。その点太陽光は太陽さえ出ていれば降り注ぐエネルギーなので無料です。
火力発電と比べて燃料代がかからないので、太陽光発電で主にかかるコストはシステムの設置費用、土地代、メンテナンス費用でしょう。

関連記事

  1. 新エネルギー計画による発電設備を身近にする新エネルギー計画株式会…

  2. 新エネルギー計画の事なら新エネルギー計画株式会社へ

  3. 海外の新エネルギー計画と日本で個人や法人に提案する新エネルギー計…

  4. 新エネルギー計画株式会社の提唱する新エネルギー計画を検討すべき時…

  5. バイオガス発電と日本

  6. 新エネルギー計画 波力発電について2

ピックアップ記事

  1. 地球環境に優しいエネルギーを選ぶなら、新エネルギー計画株式会社で提供している新エネルギー計画がおすす…
  2. ここ数ヶ月、エコな生活に目覚めてしまって、なんとか省エネ生活ができないかと新エネルギー計画を考えてい…
  3. 従来のエネルギー政策の中心になっていたのが、火力発電や水力発電や原子力発電、都市ガスやプロパンガスで…
  4. 最近注目されている新エネルギー計画株式会社は、エネルギーに関連する事業に取り組んでいる会社のことで東…
  5. 天然ガスや原子力などエネルギーを作る方法にはいろいろありますが、現在の日本は原油に頼っています。中東…
  6. 新エネルギー計画が推進する太陽光発電をはじめ、自然エネルギーを利用した発電は、普及してきたとはいって…
  7. エネルギー政策は国・自治体が中心となって取り組むものですが、一般の人もエネルギーについて考えておくよ…
  8. 一般の人にとって、エネルギー問題というのは遠い世界の話のように思えてしまうものです。しかし多くの震災…
  9. 従来から日本のエネルギー計画は様々な危うい面を持っていることが少なくありません。以前は火力による電力…
  10. 東京都北区赤羽に本社がある「新エネルギー計画株式会社」は、「新エネルギー計画」つまり太陽光発電システ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る