閉じる
閉じる
閉じる
  1. 新エネルギー計画で本格エコが実現できる新エネルギー計画株式会社
  2. 新エネルギー計画株式会社が推進している新エネルギー計画について
  3. 新エネルギー計画株式会社の安心サービスについて
  4. 新エネルギー計画株式会社ならではの災害時の電源確保という新エネルギー計…
  5. 新エネルギー計画を使い電気代を節約できる
  6. 新エネルギー計画に乗り遅れるな!専門会社を使い太陽光発電を導入しよう
  7. 新エネルギー計画株式会社で未来のエネルギー生活が始まる
  8. 新エネルギー計画の事なら新エネルギー計画株式会社へ
  9. 太陽光発電のことなら新エネルギー計画株式会社に任せて安心
  10. 新エネルギー計画の促進を支えている新エネルギー計画株式会社
閉じる

新エネルギー計画株式会社の新エネルギー・再生エネルギーブログ

新エネルギーの課題 太陽光発電2

新エネルギー(再生可能エネルギー)は、現在メインで使用している枯渇性資源由来のエネルギーとは違って永久になくならないエネルギーのことをいいます。
具体的には太陽光、風力、地熱、火力などの自然からエネルギーを作り出す手段です。
前回に引き続き、太陽光発電システムを導入するにあたっての問題点をご紹介します。

・農地は農業以外受け入れない傾向がある
日本には土地はあるけど畑でもなんでもない場所がたくさんあります。その空いている土地に太陽光発電システムを設ければ、と思っても農地法で太陽光発電システムの建設が認められないことがあります。農地法は農地と農業を守るための法律で、太陽光発電システムの設置場所が限られてしまいます。

・いつまで続くかわからない買取制度
電力の買取制度は将来的にどうなっていくか明確化されておりませんので、将来の見通しが立ちにくい状態です。

以前まではさらに太陽光発電の発電コストが大きいことが問題視されていました。しかし発電コストは現在値下がっており、今後も値下がっていく傾向です。ヨーロッパの見立てによると発電の条件にもよりますが、2020年頃には発電コストが低下し、火力発電と同程度にまで下がるのではと言われています。
火力発電は、少なくとも火を起こすためのガス代がかかります。その点太陽光は太陽さえ出ていれば降り注ぐエネルギーなので無料です。
火力発電と比べて燃料代がかからないので、太陽光発電で主にかかるコストはシステムの設置費用、土地代、メンテナンス費用でしょう。

関連記事

  1. バイオガス発電で可能なこと

  2. 新エネルギー計画 生ごみ発電について2

  3. 新エネルギー計画 核融合発電について3

  4. 新エネルギー計画株式会社の安心サービスについて

  5. 新エネルギー計画 オール電化住宅

  6. 新エネルギー計画 波力発電のデメリットと実用化について

ピックアップ記事

  1. 世界規模での地球温暖化対策が進むはずだったパリ協定が、北米経済大国の離脱によって暗雲が広がる中、各国…
  2. 二酸化炭素が原因ともいわれている地球温暖化の抑制は、将来の子どもたちのことを考えても世界レベルで取り…
  3. 地球環境を次世代に引き継ぐためにも、エコエネルギーの活用な先進国を中心に普及が進んでいます。日本にお…
  4. 新エネルギー計画株式会社の提案する新エネルギー計画は、災害時の電源確保を可能にしています。自然災害の…
  5. 今電気代の多さで苦労をしているのなら新エネルギー計画を利用してみるといいでしょう。太陽光発電の導入や…
  6. 自宅を持っている人や自社ビルを持っている人は新エネルギー計画を検討してみるといいでしょう。これは太陽…
  7. 新エネルギー計画株式会社では、必要に応じて様々な新エネルギー計画を提案しています。たとえば蓄電器を使…
  8. 世界規模の広がりを見せる環境問題においては、日本も積極的に取り組んでいます。石油・石炭・天然ガス…
  9. 環境破壊が問題になっている今、環境を考慮した新たなエネルギーについて関心をお持ちの方は少なくないでし…
  10. 東日本大震災以降、日本では新エネルギー計画が注目されています。新エネルギー計画とは、石油や石炭、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る