閉じる
閉じる
閉じる
  1. 新エネルギー計画株式会社が提案する新エネルギー計画が人気です
  2. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画がなかなか興味深い
  3. 新エネルギー計画株式会社による新エネルギー計画の普及活動と理念
  4. 新エネルギー計画を提案する新エネルギー計画株式会社を理解するには
  5. 新エネルギー計画で注目の太陽光発電なら新エネルギー計画株式会社に相談
  6. 新エネルギー計画を普及させる新エネルギー計画株式会社の提案を考える
  7. しっかりと考えておくべき新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画
  8. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画が大きな役割を果たす
  9. 古い慣習に頼らない新エネルギー計画を着実に進める新エネルギー計画株式会…
  10. 太陽光発電のことなら新エネルギー計画/新エネルギー計画株式会社
閉じる

新エネルギー計画株式会社の新エネルギー・再生エネルギーブログ

新エネルギー計画 生ごみ発電について2

前回はイスラエルのある企業が、生ごみからバイオガスを生成する装置を開発したことをご紹介しました。

イスラエルだけでなく、日本国内でも生ごみをエネルギーに換える方法が研究され、国をあげてリサイクルに取り組んでいます。

首都圏で排出される大量の食品廃棄物(生ごみ)には水分が多く含まれているので、他のごみと一緒に焼却するとすべてのごみの発熱量を下げることになります。

そもそも本来循環利用が可能なものを埋め立てることは、処分場所に余裕がなくなってきている首都圏では適切な処理方法とはいえません。

「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」(食品リサイクル法)が平成13年5月に施行されました。

食品関連の事業者に再生・利用を促して業種別にリサイクル率の目標が決められました。

食品廃棄物の年間発生量が特に多い事業者にリサイクル率の報告を義務付けて、リサイクル率が低く、改善の余地がある場合は企業名が公表されたり、罰金を設けたりと厳しくなりました。

それでもリサイクルは十分にできていません。この現状を踏まえた上で非合理的な廃棄物の処理方法を減らし、リサイクル率を向上させて持続可能な社会となるためにも、この政策を継続していくことを目指しています。

国内で生ごみ発電の研究がされている企業は、バイオマスに着目しました。バイオマスは、生活資源・畜産資源・農産資源・林産資源などの有機性資源のことを指し、これらはエネルギー資源として利用できます。しかし、分別が厳しく規制される、受け入れに制約がある、長期的に安定した再生品の需要が見込めないなどのデメリットを考え、首都圏での処理方法をメタン発酵としました。

関連記事

  1. 顧客の最適な太陽光発電を提案する新エネルギー計画株式会社

  2. 新エネルギー計画を普及させる新エネルギー計画株式会社の提案を考え…

  3. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画の魅力を知ってください…

  4. 新エネルギー計画株式会社の安心サービスについて

  5. 新エネルギー計画のことなら実績が豊富な新エネルギー計画株式会社

  6. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画を有効活用するために

ピックアップ記事

  1. 地球環境に優しいエネルギーを選ぶなら、新エネルギー計画株式会社で提供している新エネルギー計画がおすす…
  2. ここ数ヶ月、エコな生活に目覚めてしまって、なんとか省エネ生活ができないかと新エネルギー計画を考えてい…
  3. 従来のエネルギー政策の中心になっていたのが、火力発電や水力発電や原子力発電、都市ガスやプロパンガスで…
  4. 最近注目されている新エネルギー計画株式会社は、エネルギーに関連する事業に取り組んでいる会社のことで東…
  5. 天然ガスや原子力などエネルギーを作る方法にはいろいろありますが、現在の日本は原油に頼っています。中東…
  6. 新エネルギー計画が推進する太陽光発電をはじめ、自然エネルギーを利用した発電は、普及してきたとはいって…
  7. エネルギー政策は国・自治体が中心となって取り組むものですが、一般の人もエネルギーについて考えておくよ…
  8. 一般の人にとって、エネルギー問題というのは遠い世界の話のように思えてしまうものです。しかし多くの震災…
  9. 従来から日本のエネルギー計画は様々な危うい面を持っていることが少なくありません。以前は火力による電力…
  10. 東京都北区赤羽に本社がある「新エネルギー計画株式会社」は、「新エネルギー計画」つまり太陽光発電システ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る