閉じる
閉じる
閉じる
  1. 新エネルギー計画株式会社が提案する新エネルギー計画が人気です
  2. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画がなかなか興味深い
  3. 新エネルギー計画株式会社による新エネルギー計画の普及活動と理念
  4. 新エネルギー計画を提案する新エネルギー計画株式会社を理解するには
  5. 新エネルギー計画で注目の太陽光発電なら新エネルギー計画株式会社に相談
  6. 新エネルギー計画を普及させる新エネルギー計画株式会社の提案を考える
  7. しっかりと考えておくべき新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画
  8. 新エネルギー計画株式会社の新エネルギー計画が大きな役割を果たす
  9. 古い慣習に頼らない新エネルギー計画を着実に進める新エネルギー計画株式会…
  10. 太陽光発電のことなら新エネルギー計画/新エネルギー計画株式会社
閉じる

新エネルギー計画株式会社の新エネルギー・再生エネルギーブログ

バイオガス発電と日本

ドイツや北欧諸国は環境先進国として知られており、バイオガス発電導入に関して進んでいます。最近は東南アジアでもバイオ燃料が使われるようになりました。一方日本では、廃棄物系(食品の残りや家畜の糞尿)のバイオマスが一部使われている程度で事業として成り立っている施設が少ない状態です。

バイオガス発電導入にあたって、日本には様々な課題があります。
日本は出遅れているので、まずブランドの品質がよくありません。研究が進んでいるドイツ等は品質がよいですが、輸入するにも莫大なコストがかかります。技術的にも遅れており、開発技術の他に維持管理の技術も遅れています。当然これらにもコストがかかります。
そして日本はバイオマス発電の導入実績の少なさから、ゴミ処理・エネルギー事情、気候に応じた運用のノウハウが充分ではありません。
建設することよりも運用することが大事であるという認識がある国もある中で、日本は運用に力を入れていない企業や自治体がたくさんあります。
また、エネルギー産業において建設に莫大なコストがかかるので補助金がなければ採算性を保てない事業者がほとんどです。資金調達にしてもコストがかかりますし、原料、輸送、人件費、事業とどれを取ってもコストが不足しています。
そして、バイオガス発電では有機ごみを活用しますが、廃棄物処理法などの法律に則った処理が求められるので、運搬や処理する上で制約となり、有効活用できなくなる可能性もあります。
さらに新エネルギーなので、行政の協力が必要になります。企業の努力だけでなく、行政からの立案や支援を行なってくれるとスムーズな導入が可能となるでしょう。

関連記事

  1. 新エネルギー計画 地熱発電について

  2. 新エネルギー計画株式会社は、新エネルギー計画を進めていきます

  3. 新エネルギー計画 生ごみ発電について

  4. 新エネルギー計画 核融合発電について3

  5. 新エネルギーは日本の未来の糧

  6. 新エネルギー利用の未来

ピックアップ記事

  1. 地球環境に優しいエネルギーを選ぶなら、新エネルギー計画株式会社で提供している新エネルギー計画がおすす…
  2. ここ数ヶ月、エコな生活に目覚めてしまって、なんとか省エネ生活ができないかと新エネルギー計画を考えてい…
  3. 従来のエネルギー政策の中心になっていたのが、火力発電や水力発電や原子力発電、都市ガスやプロパンガスで…
  4. 最近注目されている新エネルギー計画株式会社は、エネルギーに関連する事業に取り組んでいる会社のことで東…
  5. 天然ガスや原子力などエネルギーを作る方法にはいろいろありますが、現在の日本は原油に頼っています。中東…
  6. 新エネルギー計画が推進する太陽光発電をはじめ、自然エネルギーを利用した発電は、普及してきたとはいって…
  7. エネルギー政策は国・自治体が中心となって取り組むものですが、一般の人もエネルギーについて考えておくよ…
  8. 一般の人にとって、エネルギー問題というのは遠い世界の話のように思えてしまうものです。しかし多くの震災…
  9. 従来から日本のエネルギー計画は様々な危うい面を持っていることが少なくありません。以前は火力による電力…
  10. 東京都北区赤羽に本社がある「新エネルギー計画株式会社」は、「新エネルギー計画」つまり太陽光発電システ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る